通販型自動車保険 一括見積もりの絶対的なすすめ

自動車保険(任意保険)は、通販型自動車保険と昔からある代理店型自動車保険があります。

 

通販型自動車保険の認知度はどんどん上がってきてます。
中間に代理店を介さないで損保会社と直接取引する形態の最大のメリットは保険料が安いということです。

 

通販型自動車保険の中でも多くの損保会社が競争していることは当たり前ですね。

 

シェアでいえば、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサダイレクトの順です。

 

通販型自動車保険は、リスク細分型を取り入れているところがほとんどで、ソニー損保の自動車保険なら走った分だけの保険料の走行距離で
保険料が安くなったりします。
カーライフに合わせて保険料が変動するので、条件が合致すれば保険料がかなり安くなることがあります。

 

通販型自動車保険と代理店型自動車保険では、どうしても保険料に差が出ます。

 

やはり通販型はダイレクト型自動車保険とも言われていおり直接自分と損保会社が契約するので代理店の中間マージンが省かれるのので保険料が安くなるのは当たり前のことです。

 

それでは、自分で直接契約するのは面倒だったり、事故の時どうしたらいいのかなど不安があると思います。

 

しかし、面倒なことも事故対応に不安もありません。

 

簡単に言ってしまえば、代理店の人の対応が損保会社のオペレーターになっているということだけです。

 

事故対応が悪いという口コミは、通販型に限ったものでなくその時の担当者の人格やその人との相性で良し悪しが出ます。

 

代理店の担当者も事故の時に対応が悪かったという話ももちろんあります。

 

自動車保険の保険料を少しでも安くしたいとお考えの人は、通販型自動車保険の見積もりをもらい検討することをおすすめします。

 

その場合にはインターネットから自動車保険一括見積もりを利用するのが一番いいと思います。
もちろん無料です。

 

一括見積もりを利用して自動車保険を見直した結果どれくらい安くなるのか?

 

通販型自動車保険,見積もり

 

大半の人は2万以上安くなります。

 

これは多くの人が代理店型の自動車保険から通販型の自動車保険に変わっています。

 

自分でしっかり補償を見直したりしていると、いらない補償や無題多い補償額が設定されていることに気づくことがあります。

 

一括見積もりでは、最大21社の損保会社から見積もりがもらえるので保険料の安いところを簡単に見つけられます。

 

自動車保険料を安くしたいという方は、通販型自動車保険の一括見積もりを利用することを絶対的におすすめします。

 

通販型自動車保険,見積もり

 

保険bangなら最大20社の損保会社の見積もりがもらえます。

 

通販型自動車保険,見積もり

 

 

 

 

 

 

通販型の自動車保険のいくつかのメリット

通販型の自動車保険のメリットはいくつかあります。

 

通販型自動車保険は、自分でウェブや電話により補償内容を組み立てていくとものなので、無駄なものは省いたりできるので
保険料に反映され安くなる事が多いです。
一方、代理店型がは担当者が提案する内容のものに加入するという場合が多いです。

 

通販型自動車保険が何な何でも安くなるというとそういうことでもありません。あくまでも条件により保険料が決まることには変わりないのです。
例えば年齢条件が35歳以上補償と年齢制限なしで大きく差が出て通販型に変えても保険料の旨みが出ないことも可能性としてはあります。

 

そのためにも今加入している自動車保険の保険料を元に、一括見積もりをもらうことをお勧めします。

 

一括見積もりは、もちろんでありますが無料であり、見積もりをもらったからと言ってどこかに入らないといけないとこともないのです。
安心してお試しで見積もりをもらうことができます。

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】

 

通販型自動車保険のロードサービスは代理店型に比べて充実していることが多いです。代理店型がダメというわけでなく、代理店型が標準であれば通販型自動車保険はさらに充実していると思って頂いていいと思います。
事故対応に関しては、各損保会社のその時の担当者でいい悪いの差が出ることが多いのです。遠くなければ事故現場に駆けつけてくれるのは代理店型のほうが可能性があります。

 

通販型は、補償内容を自分で組んで保険料が安くなるので保険料安く補償はしっかりしたものを現実化できると思います。

 

現在自動車保険の全体シェアの5.46%である通販型自動車保険でありますが、年々伸びています。
特に30代から40代にかけては通販型の自動車保険に切り替える人が増えています。

 

通販型自動車保険,見積もり

 

通販型自動車保険,見積もり

 

代理店型自動車保険

自動車保険に加入するときに営業の担当者がいてその人を通じて加入をするというタイプの自動車保険を代理店型自動車保険といいます。

 

現在日本ではこの代理店型自動車保険のシェアは大変大きく、通販型やダイレクト型と呼ばれているインターネットや電話などで契約者が直接保険会社と契約を結ぶ自動車保険はまだシェアとしては小さいと言われています。

 

代理店型自動車保険の場合には、保険会社と代理店契約を結んでいる営業担当者に詳しい説明をしてもらいながら保険契約をすることが出来るというメリットがあります。

 

自分ではよく分からない、または分かり難い自動車保険の内容について説明を受けながら契約をすることが出来るため、年配の人を中心に人気が根強い方法の自動車保険契約となっています。

 

手続きなども代理店側が変わって行ってくれるために契約者としては手間をかけずに加入することが出来ますし、代理店は多くの場合他の保険商品も取り扱っているケースが多いために保険全般についてまとめた契約を執り行うことも可能になっています。

 

一方人件費などのコストがかかるために、通販型自動車保険より割高な保険料になりやすいというデメリットがあります。